« アメリカセドナ&グランドサークルの旅。その3。 | トップページ | アメリカセドナ&グランドサークルツアー。その5。 »

アメリカセドナ&グランドサークルツアー。その4。

アメリカセドナ&グランドサークルツアー。

うーん。6日目かな☆

と、その前に、うっかりスルーするところでした。

私の大好きなセドナの場所であるレッドロッククロッシング。

紅葉の季節。なんとも美しい場所になっていました。

Dsc05927_800x600


カセドラルロックが川に映り込んで、なんとも美しい。

Dsc05932_600x800


11年セドナに住んだ方が、今年の紅葉は、「自分が見たなかで一番美しい」と言われるくらい綺麗だったようです。

そんな瞬間に出会えるなんて、本当に有難いことです。

そして、こちらでは、ネイティブアメリカンの酋長さんにお会いしました。

Dsc05938_600x800


さてさて、話を戻して、6日目へ。

日の出を見に、エアポートメサへ、レッツゴー!

サンセット観て、星空観て、朝日観て。

毎日、美しい大自然のなかで、これを繰り返せるって、なんて幸せなんだろう。

寝不足だけれど、遅寝、早起きを繰りかえす私。

でも、どんどん元気になってゆく私。声もかなり復活でし!

これまた、う、美しい!!

Dsc05941_800x600


漆黒の闇から光が差して、夜が明けていく時間も、大好きです。

そして、それを一緒に「綺麗だね」と感じあえる人がそばにいることも、幸せだなって思います。

Dsc05954_600x800


そして、旅仲間のリクエストで、動く瞑想・自力整体をおこなえることになりました!

う~ん、幸せだ~♪

ハワイのマウイ島でおこなうときとは、また違うエネルギーを感じて、これまた、目を閉じればいつでも、このときの天と地と繋がった感覚がよみがえってきます。

外野の声や音は、一切気にならない状態。

自分の肉体さえもどこにあるのかわからない、心地よさ。

こういう時間を誘導させてもらえること、共有できること、本当に感謝です。

これからも、日本中、世界中、いろんな場所で、ライフワークとして、動く瞑想を続けるぞ~♪

Dsc05959_600x800


夜が明けました。

瞑想しているなかで、光がいっぱい身体に入ってきました。

終わったあとは、銘々、好きな場所で、ほけら~っと。

Dsc05960_600x800

私は、大の字になって寝ていました。

ら、ゆうこりんに激写。

死人のポーズ!に、大爆笑!!私のカメラ写真でないので、ここでお見せできず残念です。

機会あったら、ドアーズ報告会とか開きたいなぁ。

終わった後、目の前のサンダーマウンテンから、ひとつのメッセージをもらいました。

字幕がボーンと浮き出てくるような力強さで、ガツーン!と入ってきました。

メッセージは、ひ・み・つ(笑)

Dsc05963_800x600


誘導瞑想のときに、参加してくれたメンバーが、エアポートメサとサンダーマウンテンが、金色の光のロープで結ばれていたと話していたので、もしかしたらエネルギー的にも、何かつながりがあるのかもしれません。

そんな早朝を過ごしながら、出発前までの数時間を利用して、私は、セドナ在住のヒーラーさんのセッションを受けにいけることになりました。

内容は、お伝えしませんし、技術的には私も併用しているものでしたが、お会いしてお部屋に入ったときから、だだ泣き。

セッション中、ずっと、涙が止まりませんでした。

あ。鼻水も(笑)

笑い泣きしながら、この必死だったこの10年のかすかすが、すべて流れていったように感じました。

Dsc05972_800x600


セッションが終わってからも、お部屋でこの景色を眺めながら、もうひとりの子のセッションが終わるのを待つ間中、ただただ泣いていました。

どういう感情だったのかわからないまま、体内に残っていた何かを洗い流すかのように、涙を流しました。

すべて自分で感じていたことだったとはいえ、私には、このエネルギーの中、このシチュエーションで、お会いできたことは、本当に光栄なことだったと感じています。

そんなこんなで、お伝えしていないことの方が多い気もしますが、盛り沢山なセドナ滞在でした♪

(その5につづく)

こころのドアを開く旅。ドアーズ。

http://doorstravel.com

|

« アメリカセドナ&グランドサークルの旅。その3。 | トップページ | アメリカセドナ&グランドサークルツアー。その5。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカセドナ&グランドサークルツアー。その4。:

« アメリカセドナ&グランドサークルの旅。その3。 | トップページ | アメリカセドナ&グランドサークルツアー。その5。 »