« 初チャレンジde開花?!声の祭りで歌ってきま~す♪ | トップページ | 等身大の今の私。受け止めてもらう温かさ。声の祭りを終えて。 »

夫婦は血がつながっているより、深い絆で結ばれていると思っているから。byパパ

「夫婦は、血がつながっているより、深い絆で結ばれていると思っているから」。

先日、飲んでいるときに、父親から発された言葉。

私は、33年間、自分の両親の営みの何を見て、何を感じてきたのだろうと思います。

自分に向き合い、解放してきたとはいえど、まだまだ過去に縛られて、「今」の父も、「今」の母も、しっかり目を見開いて見て、感じていなかったように思います。

いま、やっと15歳の自分から解放されて、実年齢の自分に到達し始めたように感じています。18歳で実家を離れる前までの孤独だった私はもう存在しないのを感じるのです。

宇宙にオーダーした願いは、必ず叶うことを知ってから、自分が変われば目の前の人も、世界も変わることを知ってから、宇宙に願ったことのひとつは、「心から分かち合え、笑いあえる家族になること」でした。

自分の思惑とはまったく違う形でしたが、その願いは叶えられている最中だと思っています。

**

思えば、震災以来、自分の価値観が一気に崩壊して、立て直したと思えば、また崩壊して、また立て直して。。その繰り返しでした。

そして、そのサイクルは、一回目の衝撃はないにしろ、まだ続いているように思います。

新しい自分に出会ったかと思えば、また皮がはがれて、もっと新しい自分が現れてくる。

今年が終わるころには、どんなことになっているのか、どんな新たな関係性が築かれているのか、自分ではわからないうちに、自分の中の何かがたくさん変わっているのだろうなぁと思います。

明らかに、3月11日以前の自分と今の自分が別人のようであるように。

ましてや、2年前の自分には、戻れる気がしないくらいに、急速に変容中。

起こっている事柄は違えども、同じようなプロセスが、たくさんの方に起こっているのであろうと、私は、私の宇宙を通して思うのです。

そういう意味で、みんなつながっていて、心強い。

**

人は、危機に瀕して、本当に大切なものが何なのかリアルに感じるのだと思いますが、母が倒れてから、二次、三次的ハプニングにも見舞われ続けた怒涛の3ヶ月半。

この日々の出来事は、言葉では表せないことばかりの連続でした。

いずれ、この日々に感じたすべてを笑い話に変えてやる!と思っていても、ひとりの人間として生身で感じる心の波は、なかなかどうして、一筋縄ではいかないことばかりでした。

といいつつ、こんな風につたないながら文字にできる自分の境遇を幸せに思います。

**

さておき、そんな流れの中、感じることになったひとつの温かな側面は、父と母のお互いを思い合う愛の深さでした。

どんな姿であっても、どんな精神状態であっても、そのすべてを受け止める懐。

63年間ぶんの価値観が全崩壊した父の人生に走った衝撃は、私の想像を絶するものだったことでしょう。

夫婦とは。家族とは。

誰かを愛することとは。

愛を受け取ることとは。

私がいままで、かたくなに見ないようにしていた何か、

言葉では表せない大切な何かを、いま、ギフトのように体験しながら、感じ取らせてもらっているように思います。

いまの経験を経て、等身大のままで、愛いっぱいの人に近づけたらいいなぁなんて思っています。

そんでもって、やっぱり縁あって出会う人たちと、本音で分かち合って、笑い合って、ふんわりにっこり生きていきたいなぁって思うのです。

地に足のついた、お気楽ノー天気、ふんわりにっこり、なんだかいい感じ。

そういう人生を!って今は思います。

**

今日は、結婚して10年、3児の母でもある友人と会いました。

彼女の人生、生き方は、本当にたくましいなぁと、いつも尊敬しながら思うのですが、「あなたも、相当たくましいよ(笑)」と言われ、「あら、そうだっけか?」。自分のことって、自分が一番わかっていなくて、認めてないのねぇって思いました。

みんな自分の人生のヒロイン。

その時々の経験の中で、マックス今の自分の殻をやぶって新たなステージに進んでいるのだろうなぁと思います。

今年ってときは、そのふり幅が、今までよりもあまりに大きい。大きすぎるとも感じます。

とはいえど、

こんなになるまでしなければ、私は、私たちは、気づけなかったのでしょうか。

ねぇ、神様。こんなに痛い思いをしなければ、私は、私たちは、変われなかったのでしょうか。

そう思わずにはいられませんでした。

私が変わって、目の前の苦しんでいる人(そのときは母のこと)が救われ、世界(これは現日本のこと)が救われるのなら、私が手放さなければならないものは手放し、私が解放しなければならないものは、解放します、ありのままの私に戻りますから、どうか、どうか助けてくださいと願ったりもしました。

ひとりの開花は、世界の開花。

ひとりの目覚めは、宇宙の目覚め。

それは、みんなで笑い合う世界への一歩だと、信じてやまないからです。

なぜ、そんなことばかりを思うのか私自身にもわかりません。

けれど、それが私の生きる原動力のひとつであることは確かなので、そのままにしてあります。

**

そんな一見、大それたことを思いながら、一方で、女の子としての分かりやすい願いももっていたりします。

家族との関わりをほっしていたのは、ほかならぬ私。

こんなことでもなければ、生まれ育った土地で、家族ともう一度一緒に暮らすことはなかったでしょう。

「家族」というキーワードでの魂の交流がひと段落したとき、目の前は本当に変わっているのだろうなぁと私の人生においては思います。もうすでに、3ヶ月前に見ていた世界と今、自分が感じる世界が180度くらい変わっているように。

もはや、一週間前の感覚や感情、出来事すら、遠い過去のもののように感じる昨今。

それほどまでに、毎日が濃厚でドラマチック。

こじつけといわれようが、なんでもいい。「すべては愛を体感するために起こっている」。

そんな風に、何度も何度も、その視点から現象を捉え続けてきました。

そして、祈りとともに起きて眠る毎日です。

**

なんだか今日の記事は、まとまりがなくなってしまいました。

ただ、「夫婦は、血がつながっているより、深い絆で結ばれているから」といえる父の言葉に、35年以上たってそんな風にいえる夫婦の歩みを、私も体験してみたいなぁと思ったことが書きたかっただけなのかもしれませんね。

せっかく読んでくださった、みなさん、おちがうまくつけられず、失礼いたしました。今日は、いつものように何も考えず、勝手に手が打った感覚ではないのですが、文字にしたので、アップしておきます。

|

« 初チャレンジde開花?!声の祭りで歌ってきま~す♪ | トップページ | 等身大の今の私。受け止めてもらう温かさ。声の祭りを終えて。 »

新たな扉と宇宙の流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦は血がつながっているより、深い絆で結ばれていると思っているから。byパパ:

« 初チャレンジde開花?!声の祭りで歌ってきま~す♪ | トップページ | 等身大の今の私。受け止めてもらう温かさ。声の祭りを終えて。 »